PEN E-PM1

カメラ片手にお散歩。旅先であっても、積み上げた日常であっても、写真を撮るのが好きです。よろしくお願いします。

ひかり

誰もの心の中に

きっと、ひかりは灯されている


それを生かすも

見過ごしてしまうのも

どれもこれも自分次第


小さなきっかけを

キリキリとした細かさでなく

暖かく包み込むような細やかさで


自らの手で

自分自身を導いてあげることが出来たら


今の自分を

未来の自分に会わせてあげられる


簡単なようでいて

100%思ったように行動するのは

なかなか難しくて


時にはそんな自分にも優しくしてあげられればいい

でも、まずはきちんと頑張れる

そんな自分を作りあげられたら


やればできる

飛翔

連日、オリンピックのニュースで賑わう今日この頃。


直近の夏のオリンピックは南米開催

リオデジャネイロとの時差の関係で

頑張れば見たい競技をリアルタイム観戦できた


今回は韓国開催なので

見たい全ての競技をというのは難しいけれど

時差が少ないから選手への負担が少しは減っているといいな


4年前のオリンピック

絶対の金メダル候補と言われながら

高梨選手はメダルに手が届かなかった


4位という、あと一歩であり

一方で天と地ほどに思える距離


そこからの4年間

彼女の心身ともに続けられた努力は

いったいどれ程の道のりだったのだろう


本当に欲しかったメダルの色とは違ったけれど

彼女の努力がメダルという目に見える形で表れて

本当によかった


努力を重ねオリンピックの地に立つ選手の方々

そして、オリンピックに手が届かなかった選手の方々


素晴らしい世界を見せてくれて

本当にありがとう


どうかメディアや世間の声に心を痛めませんように

真のアスリートがそんなものじゃ困る

そういう声もあるかもしれないけれど

アスリートだって人間だもの


メダルを手にした人に祝福の拍手を

届かなかった人にも努力を讃える拍手を

ようこそ、未来

2017年にお別れを告げて

数日前から2018年

 

人間ならではの暦という仕組みは私をワクワクさせてくれるし

新年ならではの空気を纏う時間の中で

一年の移り変わりを感じる人も多いことだろう

 

毎年いろんな目標を立てる

小さなことから、少し達成が難しいと思われるものまで

 

今年はどんな言葉を掲げようか

そう考えながら、手帳を新しくした

 

2018年、たくさんの時間を笑って過ごせますように

 

今年もよろしくお願い致します。

春と修羅

人間として生まれて

そして、生きて

今日も生きています

 

そして、明日も生きていきます

 

辛いことや苦しいこと

そういった事に押しつぶされるようになることもあるけれど

 

誰かと比べるんじゃなくて

過去の自分と比べるんじゃなくて

未来の時間をより良くするために

 

その考え方で人生を歩んでいきたいな

 

きれいごとかもしれないけれど

本当にそう思うから

 

 

人生100年時代が決して珍しいことじゃなくなった今

私の人生も、恐らくそこまで短いものではないであろう

 

そう考えると今の社会の仕組みや

短い経験則でしか判断しきれていない自分の考えが

本当に浅いものだろうと思います

 

今までは人生のレールといったものがあって

そこに乗って行けばある程度まで人生は進む

みんな一緒、ただ外れたらおしまい

 

そういった雰囲気があったと思うし

今も、そういう雰囲気を社会が持っていると思う

 

でも、きっと近いうちにその考え方は時代遅れになって

新しい考え方が生まれる

 

私たちの世代は地球人が体験したことのない

新時代をいち早く体験することになるはず

 

こんなに長い人生

一度切りで、何もかもを決められないから

柔軟に変化して、対応する力が必要なんじゃないかな

 

でも、やみくもに変化すればいいってものでもなくて

自分にとっての軸が必要

じゃないと、フラフラしてるだけで大事なものを見失い続ける

 

そのためにまずは自分と向き合おう

焦らないでいいから自分らしく

線香花火

夏が終わり
秋の気配

季節は巡り
時は流れる

今日も一人で追いかける
あなたが居たはずの時間


どんなに追いかけても
戻ることを知らない時間

記憶という中でさえも
その輪郭を朧気にする
残酷にも思える程に


人生は一度きりだと言うのなら

たった一度の時間に
自分からさよならをすること

それは怖いことだった
そう思っていた時があったはず


ごはんは美味しくて
人と話していたら楽しくて
吹いている風が心地よくて

それがどうしてこうなっちゃったのかな


苦しい時は逃げてもいいの
頑張って、頑張って、自分がなくなるくらいなら
そこから逃げてもいいの

自身の時間を自ら終焉に導く人
ねぇ、どうして

地球の資源

スマホやPC、付いていけないくらいに最新の機種がでるけれど、あまり最新のもの、というものに興味が掻き立てられなくて。

 

新商品は(当然だけれど)宣伝的には大幅なアップデートや機能拡張を謳っていて。まあ、確かにそれは便利ですね、とは思いつつ、「その機能ってなくてもいいよね?」と思ってしまう。

 

「限りある資源を大切に」

私が子供のころから言われていた。

 

確かに、リサイクルを含めた3R(Reuse、Refuse、Recycle)は進んではいるとは思うけれど、その一方で大量生産、消費の流れは、留まるところを知らない。

その流れは、今まさに勢いのある発展途上国も然り。

 

このままいったら、地球はどうなってしまうんだろう。

その答えは偉い学者さんや研究者でなくてもわかる。

 

そして、地球でしか生きていけない私たちに、残された時間はそんなに長くない。

 

大量消費、大量生産、経済発展

それらが永遠に続けられることはない。

 

だって、すべての資源は有限だから。